「芸能人は歯が命」とはよくいったものです。歯が黄ばんでいたりすることで人のイメージというのは本当にわるくなり、歯が黄ばんでいるだけで胡散臭いというイメージを持たれてしまうこともあるくらいです。

それは芸能人だから言えることではなく、最近ではOLさんや主婦の方も実費精算であるホワイトニングに月1〜2万円もかけている人もいるくらいですからね。

このサイトではそんな気になる歯のきばみを解消してくれる、ホワイトニングの仕組みから紹介するためのサイトになります。ホワイトニングにチャレンジしてみようかなと考えている人は、一度、このサイトを読んでみてもいいと思いますよ。

歯が黄ばむ原因はステイン

そもそもなぜ歯が黄ばむのか?気になりますよね。歯が黄ばむ原因はステインと呼ばれる成分です。このステインはペリクルと呼ばれる歯をコーティングしている成分と合体して歯にこびりついてしまいます。

歯が黄ばむ原因について

歯を白くする3つの方法

歯にこびりつく黄ばみの原因であるステイン。ステインを除去することで歯は白くなるのですが、除去の方法は3つあります。「削る、溶かす、浮き上がらせる」ですね。今のホワイトンングの主流は溶かすと浮き上がらせるで、逆に削るホワイトニングはのちに更に黒くする原因にもなるのでNGです。

歯が白くなる仕組みを理解する

ホワイトニングに有効な成分を頭にいれておく

ホワイトニングに効果的な成分は、ステインを溶かすあるいは、浮き上がらせる成分であると言えます。名前が似ていますが、メタリン酸、ピロリン酸、ポリリン酸は、ステインを浮き上がらせる成分であり、歯に優しく持続性のあるホワイトニング成分です。もちろんこれらはどんな汚れでも落とせるわけではなく、得意不得意な汚れは存在します。各歯磨き粉では一般的にそれぞれ1つずつにしか入っていないことが多いのですが、トーゥスメディカルホワイトという歯磨き粉だけは、この3つの成分が全て入っており、数は力なりと、いろいろな汚れを浮き上がらせることに特徴があるそうです。

ホワイトニングに関係のある成分

削るホワイトニングには要注意

ホワイトニングで最もダメな方法が削るホワイトニングです。歯の表面に付着したステインを削ることで白くはなるのですが、歯に凹凸ができ、よりステインが付着しやすい環境を作ってしまいます。歯をけずるホワイトングはおすすめしませんので覚えておきましょう。

こんなホワイトニングはダメだ

口臭がきつくなりやすい食べ物は歯が黄ばみやすいという法則

口臭がきつくなる原因は口にいれたものが関係してきます。例えばコーヒーやワインは口臭がきつくなるし、歯も黄ばむ原因になりやすいです。それを好んで多飲している人は、口臭がきつくなるし、歯も黄ばみやすいです。

ホワイトニングと口臭の関係