HOME > ホワイトニングと口臭の関係

ホワイトニングと口臭の関係

口に関するトラブルは大きく2つあると思います。1つ歯のきばみで、もう一つが、口臭ですね。これも結構きついですが、特にタバコを吸っている人やコーヒーの多飲している人は口臭がきついイメージがあるのですが、そういう人は大概歯が黄ばんでいるというイメージもあります。

では、歯が白くなれば、口臭が消えるのか?ホワイトニングと口臭の関係についてまとめてみました。

口臭の原因について

口の中に入れたものと、精神的なものの2つが口臭な大きな原因と言われています。

食べ物による口臭

口の中に入った食べ物は、歯磨きなどをしても口の中にカスが残ります。そのカスはほっておいたらずっと残っているわけではなく、口の中にいる細菌が分解してくれるのですが、そのカスを分解する際にガスがでます。これが口臭の素と言われています。

この匂いは、日常生活中は唾液がある程度覆いかぶさってくれ、匂いがでにくくしてくれているのですが、起床時やしばらく食事を取っていないときは、唾液の量が減り口臭がきつくなると言われています。

ニンニクやニラなど食べるものによって匂いが大きく変わることがありますが、これらは食べたものが胃で分解されたあと、血液中に入り込み肺を通して口や鼻からでてくるので防ぎようがありません。血の中の成分量を減らすことでしか防ぐことができないので、運動して汗を大量にかき水を大量にのんで血を循環させるか、口の中をそれ以上にきついで満たす(=フリスクなどですね!)しかありません。

精神面からの口臭

精神的な面からも口臭があると言われていますが、実はこれはうそ。

「口の中が臭いかもしれない。」と本人が強く感じても、周りには実際には臭っていないというパターンもあります。これは正式に「心理的口臭症」という病気になっており、強いストレスや不安によりなる病気と言われています。

口臭とホワイトニングは間接的に関係がある!?

口臭の原因から考えると、あまり関係がないように感じますが、実は間接的に関係はあります。歯が黄ばむ原因となる食べ物や飲み物は、コーヒーや赤ワインがあります。

これらは、色素が強く飲み続けることで、歯が黄ばんでいくと言われていますが、同じく口臭を発生させる原因もあります。例えばコーヒーは、粒子が細かく舌に絡みつきやすいといわれています。確かにコーヒーを飲んだ後、鏡で舌をみれば舌がまっ茶色ですもんね。舌に色が絡みつくということは、口臭の原因でもある舌苔ができる原因でもあるので、飲むことで口臭を強くしやすいということです。

これらより、歯が黄ばみやすい食べ物や飲み物=口が臭くなりやすい食べ物ということは言えるので、ホワイトニングが必要な人は口が臭いと言えます。

ただ、歯を白くしたからといって、口臭がなくなるというわけではありませんので注意してくださいね。