HOME > ホワイトニングに関係のある成分

ホワイトニングに関係のある成分

歯が白くなる理由でも幾つか紹介していますが、ホワイトニングに効果的な成分を一覧で紹介致します。

メタリン酸ナトリウム

ステインに対してアプローチする成分で、ステインを浮き上がらす効果があります。

マイナスイオンの電荷をもつメタリン酸ナトリウムは、プラスイオンである歯のエナメル質と結合しやすく、エナメル質の上にがんこに付着しているステインとエナメル質の間に入りステインを浮き上がらせる作用があります。

また、ステインを浮き上がらせたあとも、メタリン酸は歯の上にコーティングされるので、着色の予防効果もあると言われています。最近ではメタリン酸ナトリム配合のガムも発売されるほど、注目されている成分です。

ピロリン酸ナトリウム

ステインに対してアプローチする成分で、ステインを浮き上がらす効果があります。

歯が白くなる理由ページでもまとめていますが、メタリン酸と同じくマイナスイオンの電荷を持っているので、ステインと歯のエナメル質の間にはいりこみステインを浮き上がらせ、ブラッシングで洗い流せるような状態にしてくれます。

また、虫歯や口臭の原因となる歯石を予防する役割もあることから、ホワイトニングと歯の健康を保ってくれる成分です。

ポリリン酸

ステインに対してアプローチする成分で、ステインを浮き上がらす効果があります。

仕組みとしてはピロリン酸とメタリン酸と同じで、エナメル質とステインのイオン結合を緩め、汚れの間に入り込み、ステインを浮かび上がらせて、その間にブラッシングすることで、ステインを洗い流させるというホワイト二ング手法です。

それだけではなく、ポリリン酸は歯の材質である「リン酸カルシウム」に吸着する作用があるため、汚れを浮き上がらせるだけでなく、そのまま歯をコーティングし、歯石の予防効果もあります。イメージ的には、バーゲンセールで横入りしてそのまま居座る大阪のおばちゃんといったところでしょうかwこういうおばちゃん味方につけておくと頼もしいのでww

ポリエチレングリコール

主にステインの原因となるタールと結びついて分解する効果があります。

サンスターから発売されている「Ora2」シリーズに配合されていますが、「タバコのヤニを溶解」するとはっきり記載があります。

ポリエチレングリコールは、水にも油にもとけるという少し変わった成分です。歯に付着した汚れって基本的には水にとけない油汚れなんですね。だから歯ブラシでみがいても落ちない。ただ、ポリエチレングリコールは水にも油にもとけるので、その汚れに溶け込んで一緒に剥がれ落ちて行ってくれるという訳です。

汚れを道ずれにしてくれる成分ということですね!

POEアルキル(12〜14)スルホコハク酸二ナトリウム液

ステインに対してアプローチする成分で、ステインを溶かす効果があります。

では、どうしてステインが解けるのか?サンスターのOra2サイトでは、ステインコントロール成分であるPOEアルキル(12〜14)スルホコハク酸二ナトリウム液を溶解剤と表現し、ステインに染み込み、溶かしだすと記載がありましたが、「なぜ?」の部分がまとめられていませんでした。

で、製薬会社である、第一工業製薬の商品パンフレットによると、特徴として、「アニオン界面活性剤の刺激緩和効果」と記載が。超簡単にいうと「マイナスイオン性の洗浄力の強い泡立ちがいい成分」ということですね。

歯とイオン結合して、泡で汚れを落とす効果があるということになるということになると思いますが、そこまで汚れに対しての洗浄力は強くないようです。。
ですので、この成分が入っているから、ホワイトニングにオススメ!とはなりにくいと覚えておきましょう。